MENU

薄毛治療で使われる薬

最近では男女問わず薄毛に悩まされる人が多くなっています。
はげる前に何とか進行を止めたいですし、出来れば改善して増やしていきたいと思うのではないでしょうか。
薄毛の原因となる生活習慣を変えてみたり、食生活の改善。
睡眠をきちんと取ったり、ストレスからくる場合もありますのでストレスをなるべく減らしたり、直接頭皮に効く育毛剤やシャンプーなどを試してみるなど、薄毛対策にはいろいろな方法がありますね。
その中で薄毛対策の治療法として薬を使って改善を試みる方法もあります。
薬を服用する場合は副作用などの危険も当然出てきますのでまずは病院できちんとしてもらうことをおすすめします。
治療薬として人気があるのは薄毛からはげになる進行を止める効果があるとされる「プロペシア」です。
こちらははげの原因である還元酵素「5aリダクターゼ」の働きを抑制します。
ドラッグストアなどで売られている育毛剤よりは効果があるといわれています。
国内臨床データによれば3年間服用すれば98%の人に効果があるといわれていますので試してみる価値はあるのではないでしょうか。
発毛力で効果があるとされているのは「ミノキシジル」です。
こちらは大正製薬の臨床データで93%の人に改善がみられています。
日本皮膚科学会の治療ガイダンスでも最高ランクですすめています。